原稿の執筆

書きたい内容を決めたら、実際に原稿に書き起こしてみましょう。手書きでももちろん大丈夫ですが、一太郎やWord等のパソコンのデザインソフトに入力いただければその後の工程が早く進みます。